スポンサーリンク

親芋のレシピ こんにゃくと厚揚げと親芋の炊いたん

料理・レシピ
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク
ショウちゃん
ショウちゃん

大きな親芋が売っていたので買って調理しました。

ショウちゃん
ショウちゃん

大きさが分かりにくいかも知れませんが、1個500グラムくらいあります。
普通のスーパーなどでは売っていないかも知れませんね。
この大きさで、3個で120円。
1個で売ってくれとも言えませんね。

スポンサーリンク

親芋とは?

ショウちゃん
ショウちゃん

種芋を植えて、そこから芽が生えてそれが新しい芋になります。
その芽の中でも一番最初に芽を出したものが親芋です。

親芋から出たのが「子芋」、そこから出たのが「孫芋」です。
普通に売っていて食べているのが子芋です。

ショウちゃん
ショウちゃん

毒があるとか、食べられないとか言うことはありません。
子芋ほど柔らかくはないかもしれませんが、普通に食べられます。

親芋の下処理

ショウちゃん
ショウちゃん

とにかく、大きいし、皮も分厚いので、適当な大きさに切ってから、皮をむいてください。
2センチくらいの輪切りにして、皮をむくのが一番いいかな。
どちらにしても、手を切らないように注意してください。

作り方

ショウちゃん
ショウちゃん

こんにゃくは、出来れば手でちぎりましょう。
その方が、味もしみやすく箸で持ちやすく、食べやすいです。

ショウちゃん
ショウちゃん

適当な鍋に親芋とこんにゃくと厚揚げを入れて、ひたひたになるくらいに水を入れて、
醤油、味醂、料理酒とだしの素でお好きな味を付けて、炊いてください。
もちろん、ちゃんとした出汁で炊いていただいても結構ですし、砂糖を入れていただいても結構です。
ご自分のお好みで味付けしてください。
私は、料理で砂糖はほとんど使いませんね。

ショウちゃん
ショウちゃん

親芋に、串が通ったら出来上がりです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました