バーベルシャフト選び方 長さと重さ160センチ180センチ200センチ

筋トレ
この記事は約9分で読めます。
ショウちゃん
ショウちゃん

自重トレで、満足できなくなってくると、ダンベルやバーベルが欲しくなってきます。
そこで、まずバーベルのシャフトについて説明していきます。

バーベルシャフトの種類

シャフトの太さ オリンピックタイプとレギュラータイプ

ショウちゃん
ショウちゃん

太さに関していうと
オリンピックタイプは、直径50ミリです。
レギュラータイプは、直径28ミリです。

ショウちゃん
ショウちゃん

随分と太さに差があると思われたかも知れませんが、
オリンピックタイプは、本当に上級者が使ったり、ジムなどにあるものです。
普通に家で使うのなら、レギュラータイプをお勧めします。
それと、太さが違えば、当然、プレートの穴の部分も変わります。
この点は要注意です。
既にプレートを持っている場合は、買い替える必要がある場合があります。

ストレートバー

ショウちゃん
ショウちゃん

文字通り真っ直ぐなバーで一番一般的なものです。

  
ショウちゃん
ショウちゃん

長さは、120センチ160センチ180センチ200センチとあと、220センチがあります。
これはまた後で説明しますが、220センチは上で説明した太い(50ミリ)オリンピックタイプになります。

EZバー(Wバー)

ショウちゃん
ショウちゃん

イージーバーとかダブルバーとか言われる持ち手のところがWの字のようになっているバーです。

  
ショウちゃん
ショウちゃん

長さも120センチ程度と短く、主に上腕二頭筋や上腕三頭筋を鍛える時に有効です。
持つところの角度が変わるので、手首の負担も少なく、カールなどの種目に有効です。

ショウちゃん
ショウちゃん

太さは、25ミリのものもあります。

トライセプスバー

ショウちゃん
ショウちゃん

あまり馴染みはないかもしれませんが、長さも90センチ前後とコンパクトで、EZバー同様に、上腕二頭筋や上腕三頭筋を鍛えやすく、様々な用途に使えます。

ショウちゃん
ショウちゃん

こちらも、25ミリの太さのものもあります。

  

120センチと160センチのバーベルシャフト

ショウちゃん
ショウちゃん

特に選ぶ必要はないかと思います。
これを買うなら、EZバーかトライセプスバーをお勧めします。
部屋や置くスペースが狭くて、180センチや200センチのものが使えないという場合もあると思いますが、その場合でも、EZバーかトライセプスバーをおすすめします。

僕も、昔買った160センチのストレートバーがありますが、パワーラックでは、使えません。

グリップ幅1225ミリのワイドグリップの180cm、200cmのバーベルシャフト

ショウちゃん
ショウちゃん

まず、180センチのシャフトですが、下の図のように、ワイドグリップのものを選んでください。
そうでないと、160センチのものと同じで、パワーラックではグリップ幅が狭くて使えない可能性があります。

ショウちゃん
ショウちゃん

シャフト自体の重さは、メーカーによって若干の違いはあるかもしれませんが、
180センチで9キロ、200センチで10キロです。

出典 アマゾン
ショウちゃん
ショウちゃん

オリンピックシャフトしか使えない幅の広いパワーラックでは、使えませんので、
その場合は、下のオリンピックシャフトを買ってください。

220センチのオリンピックシャフト

ショウちゃん
ショウちゃん

これが一番本格的なものです。
シャフトもそれに見合う、プレートもやはり、値段も一番高くなります。

シャフトの重さ

ショウちゃん
ショウちゃん

シャフトだけで、20キロあります。
アップにはこれだけでやる人も多いですね。

おすすめのメーカーは?

ショウちゃん
ショウちゃん

まずはアイロテックをおすすめします。
EZバーやトライセプスバーは、お安いメーカーもありますので検討してください。
特にこだわりがないのであれば、アイロテックをおすすめします。

まとめ

ショウちゃん
ショウちゃん

パワーラックを想定したものを選ぶのであれば、
ワイドグリップの180センチのものか、200センチ、220センチのものを選んでください。
そうでなければ、EZバーやトライセプスバーをおすすめします。

ショウちゃん
ショウちゃん

パワーラックについてはこちらの記事を参考にして下さい。
↓↓


 
筋トレ
ibsjapanをフォローする
気になるおすすめのお役立ち情報を発信中!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました