スポンサーリンク

【炉端の話】 環境と人間の超えられない性癖・武田邦彦、ヒバリクラブ

政治・経済・社会・思想・哲学
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

環境のために節約すればかえって環境を汚す

おじいちゃん
おじいちゃん

給料30万の人が環境にやさしくしようとして、節約して、3万円が余ったので、貯金しました。

桃香
桃香

おじいちゃん、別に問題ないんじゃないの??

おじいちゃん
おじいちゃん

そうだね。でもその3万円は普通は、銀行がその他の人の預金も併せて、どこかの企業に貸すんだよね。
そうするとその企業はそのお金で経済活動をするんだよ。
新しい工場を建てたり、車を買ったり、人を雇ったり。

でもね、経済活動をするということは、基本的には直接、間接に石油を使って、環境を汚すということになるんだよね。

おじいちゃん
おじいちゃん

結局、節約したとこで他で環境を汚す。

おじいちゃん
おじいちゃん

10年後に、360万と金利を合わせて下ろして、何かに使うと、結局のところ節約してためたお金は2倍になって環境を汚す。
そんなお話です。
信用創造とも関係してくるね。

動画はこちらでご覧ください。↓↓

【炉端の話】 環境と人間の超えられない性癖 | ヒバリクラブ

コメント

タイトルとURLをコピーしました