なすのラタトゥイユ きょうの料理 タサン志麻レシピ

料理・レシピ
この記事は約2分で読めます。
桃香
桃香

4月29日放送の今日の料理で紹介された、なすのラタトゥイユの作り方です。
教えて下さったのは、タサン志麻先生です。

出典 https://www.nhk.or.jp/lifestyle/recipe

材料3~4人分

  • なす4コ(400g)
  • たまねぎ1コ(200g)
  • トマトの水煮(缶詰/カットタイプ)1缶(400g)
  • にんにく2かけ
  • 好みのハーブ
    ※ここではタイム(生)1本、ローリ エ1枚を使用。適宜
  • オリーブ油
  • こしょう

つくり方

  1. なすは食べやすい大きさの乱切りにする。
    たまねぎは1cm幅のくし形に切る。
    にんにくは半分に切ってつぶす。
  2. フライパンになすを入れて中火で熱し、オリーブ油カップ1/2を少しずつ加え、なすをじっくりと揚げ焼きにする。
    しっかりと焼き色がついたら、ざるに上げて油をきる。
    なすは水分が出てくるのであまり動かさないように。じっくりと焼き色をつけて風味を際立たせる。
  3. フライパンをサッと拭いてオリーブ油大さじ1を中火で熱し、たまねぎ、にんにく、塩1つまみを入れて炒める。
    たまねぎがしんなりとしたら2のなすを戻し入れ、トマトの水煮、水カップ1/4、あればハーブを加える。
    ふたをし、時々混ぜながら15分間ほど煮る。味をみて塩・こしょう各適量で調える。
桃香
桃香

たまねぎはよく炒めて甘みを出しましょう。
余裕があれば、別々のフライパンで、なすを揚げ焼きにする作業と並行してもOKです。

 調理時間25分      エネルギー200kcal  【保存】冷蔵庫で4~5日間

まとめとポイント

桃香
桃香

よく加熱して野菜の水分をとばし、濃厚な味わいのラタトゥイユに。鶏肉やベーコンを一緒に煮込めば、メインおかずにもなりますよ。


 
料理・レシピ
ibsjapanをフォローする
気になるおすすめのお役立ち情報を発信中!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました