とうがんの桜えびあん あさイチ みんなゴハンだよレシピ

料理・レシピ
この記事は約2分で読めます。
桃香
桃香

とうがんの桜えびあんの作り方です。
教えて下さったのは、林亮平先生(日本料理店店主)

出典 https://www1.nhk.or.jp/asaichi/
スポンサードリンク

材料・2人分

  • とうがん300グラム
  • 桜えび10グラム
  • だしカップ2

  • 塩小さじ2分の1
  • しょうゆ小さじ2分の1
  • みりん小さじ2分の1
  • 水溶きかたくり粉(同量の水で溶いたもの)大さじ1
  • しょうが(すりおろす)1かけ分

作り方

  1. とうがんはワタと種を取り除き、緑色が残るように、包丁の歯を立てて皮を薄く削る。2~3㎜厚さの薄切りにする。
    ※皮はピーラーで薄くむいてもよい。
  2. 鍋に湯を沸かし、強めの中火で5分間、下ゆでする。
  3. 別の鍋にだしを沸かしてAを加え、氷水にあてて冷ます。(2)のとうがんを、湯をきって熱いうちに加え、氷水にあてたまま、冷ましながら5分間以上味をふくませる。
  4. (3)のだしの半量(カップ1分)を、別の鍋に移して一度沸かす。水溶きかたくり粉を少量ずつ加えてとろみをつける。火を止め、桜えび、しょうがをしぼって汁だけを加え、氷水にあてて冷ます。
  5. 器に(3)のとうがんを盛りつけ、(4)をかける。汁をしぼった残りのしょうがを添える。

まとめとポイント

桃香
桃香

これからの季節に食べたい!みずみずしい食材の「とうがん」ですが、下ごしらえが面倒と思われがち。お手軽で作りやすい「あんかけ」をご紹介。とうがんは薄く切ることで、下ごしらえのゆで時間を短縮。だしに数分浸して冷ましながら味を染み込ませます。このだしでつくる「あん」は、塩、しょうゆ、みりん、そして桜えびを加え、かたくり粉でとろみをつけるだけ。とうがんに冷ましたあんをかけ、しょうがを添えれば出来上がり!

タイトルとURLをコピーしました