スポンサーリンク

にしんなす あさイチ みんなゴハンだよレシピ

料理・レシピ
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
桃香
桃香

にしんなすの作り方です。
教えて下さったのは、髙橋拓児先生(日本料理店店主)
夏から秋にかけて、さまざまに調理される「なす」。にしんと合わせた京都の定番のおかずです。にしんはじっくりゆでて、骨まで食べられるやわらかさに仕上げます。酒としょうゆ、砂糖などで、にしんとなすをコトコト煮て味をしみ込ませれば、上品なうまみが楽しめる京料理が完成。冷蔵庫の常備菜にもうってつけ。冷たい煮物で温かいごはんがすすみます。

出典 https://www1.nhk.or.jp/asaichi/
スポンサーリンク

材料・2人分

  • 身欠きにしん(ソフトタイプ)2本(約260グラム)
  • なす2コ
  • しょうが(せん切りにして水にさらす)1かけ分

  • 酒300ミリリットル
  • しょうゆ150ミリリットル
  • みりん100ミリリットル
  • 砂糖90グラム
  • 米のとぎ汁適量

作り方

  1. にしんの両端を切りそろえる。
  2. とぎ汁でゆでる。鍋に米のとぎ汁、にしんを入れて強火にかけ、沸いたら強めの中火にして約30分間ゆでる。
    ※とぎ汁がない場合は米(大さじ1)と、にしんがしっかりかぶる程度の水でゆでる
  3. にしんを取り出してボウルに入れたぬるま湯で洗い、うろこと汚れを洗う。さらに、ボウルに入れた水で表面をサッと洗う。
  4. 再び水からゆでる。にしんと、かぶる程度の水(分量外)をいれて強火にかけ、沸いたら弱火にし45分間ゆでる。
    ※途中で水が減ったら足す
  5. なすはへたを切り落とさないよう、くるりと一周包丁で切り込みを入れて、短く切りそろえる。
  6. (4)のにしんを取り出し、3~4等分の食べやすい大きさに切る。にしん、A、なすを加えて落としぶたをし、強火にかける。沸いたら弱火し、20分間煮る。粗熱をとり、冷蔵庫で冷やす。
    ※温かいままでもおいしい
  7. 器に盛りつけたら、しょうがをのせる。
    ※なすはそのままでも、食べやすい大きさにきってもよい
タイトルとURLをコピーしました