春菜の炊き込みごはん、中嶋貞治シェフ食材のよさを生かしたレシピ

料理・レシピ
この記事は約3分で読めます。

春菜の炊き込みご飯材料

桃香
桃香

中嶋貞治シェフの食材のよさを存分に生かした
材料は、作りやすい分量(3人から4人分)です。

  • 米360ミリリットル(2合)
  • ゆでたけのこ130グラム
  • うど150グラム
  • 米酢小さじ1
  • むきえび3匹
  • 酒小さじ1
  • 塩2つまみ
  • そら豆15粒
  • 塩2つまみ

  • だし400ミリリットル
  • 酒・しょうゆ各大さじ2
  • 昆布(5センチ角)1枚
  • あさり(殻つき/砂抜きしたもの)500グラム
  • 木の芽適量
  • 揚げ油適量

春菜の炊き込みご飯作り方

桃香
桃香

作り方です。
ちょっと面倒に思うかもしれませんが、手間をかけた分美味しく仕上がりますよ。

  1. 米は洗ってざるに上げ、15分間おく。
    ゆでたけのこは根元側から厚さ5ミリ程度のいちょう形に切り、柔らかい穂先は薄いくし形に切る。
  2. 鍋にだし・酒・しょうゆ・昆布・あさりを入れ、強火にかけ、あさりの口が開くまで煮る。
    ざるでこし、煮汁とあさりを分ける。
    スプーンなどであさりの殻から身を取り出す。

    ※口が開いてから長時間煮ると、身がかたくなってしまうので注意。
  3. (2)の煮汁を鍋に戻し、(1)のたけのこを入れて強火にかける。
    沸騰したら火を止め、そのまま30分間おく。
    ざるで煮汁とたけのこを分ける。
  4. 炊飯器の内釜に(1)の米を入れ、(3)の煮汁400ミリリットルを加えて炊く。

    ※煮汁が足らないときには水を足し、400ミリリットルにする。
    ※具材は炊き込まず、あさりとたけのこのうまみが移った煮汁で米だけを炊くのがポイント。
  5. うどは厚めに皮をむき、1センチ5ミリ程度の乱切りに、さっと水にさらす。
    沸騰した湯(分量外)に、うど・酢を入れ、3分30秒間ゆでて水に取る。
  6. むきえびは背ワタがあれば除く。
    沸騰した湯(分量外)に、えび・酒(小さじ1)・塩(2つまみ)を入れ、10秒から20秒間ゆでる。
    これを幅1センチに切る。
  7. そら豆は薄皮をむく。
    揚げ油を170度に熱し、そら豆を30秒から40秒ほど揚げて、塩(2つまみ)をふる。

    ※油で揚げることでコクがプラスされる。
  8. ごはんが炊き上がったら、炊飯器にあさり・たけのこ・うど・えびに加え、5分間ほど蒸らす。

    ※炊き込まず、仕上げにまぜることで、あさり・えびはかたくならず、たけのこ・うどは程よい食感が残る。
  9. 具材を崩さないように丁寧にまぜ、茶碗に盛り、そら豆と木の芽を散らす。

元のページも戻る↓↓


 
料理・レシピ
ibsjapanをフォローする
気になるおすすめのお役立ち情報を発信中!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました