鶏ささ身のあられソテー オニオンあさりソース あさイチレシピ

料理・レシピ
この記事は約3分で読めます。
桃香
桃香

4月25日放送のあさイチで紹介された鶏ささ身のあられソテー オニオンあさりソースの作り方です。
教えて下さったのは、渡辺雄一郎先生(フランス料理店エグゼクティブシェフ)です。
映えますね。

出典 https://www1.nhk.or.jp/asaichi

材料

桃香
桃香

材料の目安は2人分です。

  • 鶏ささ身肉2枚(約160グラム)
  • あさり10~15コ
  • 新たまねぎ2分の1コ(約90グラム)
  • にら4~5本(約20グラム)
  • グリーンアスパラガス2本

  • 湯カップ4分の1
  • 顆粒(かりゅう)鶏ガラスープのもと小さじ1
  • 酒カップ2分の1
  • オリーブ油大さじ1
  • 赤とうがらし(種を除く)2分の1本分

  • くず粉(かたくり粉でもよい)小さじ2
  • 水小さじ2
  • パセリ2~3本
  • バター(食塩不使用)10グラム

  • 塩適量
  • こしょう適量
  • ガーリックパウダー適量
  • 小麦粉適量
  • 卵白(溶いたもの)1コ分
  • ぶぶあられ(ごま、ナッツ・せんべいなどを砕いてもOK)適量
  • ごま油(白)大さじ5
  • 花穂じそ適量

作り方

  1. あさりは砂抜きする。
    新たまねぎは、繊維を断つ方向に薄切り。
    にらは5㎜幅に刻む。
    グリーンアスパラガスは穂先を7センチとり縦半分に、残りは堅い部分を取り除き、斜め薄切りにする。
  2. ソースをつくる。
    鍋に(1)の穂先以外、Aを入れてふたをし、約3分間中火にかける。
    あさりが開き、たまねぎに火が通ったら、溶き合わせたBを加えてよく混ぜる。
    とろみがついたらパセリをちぎって加え、冷たいバターも加えて溶かし、乳化させる。
  3. ささ身は筋をとる。
    ラップをかぶせ、軽く叩いて平らにし、両面にCをふる。片面に小麦粉、卵白の順につけ、同じ面にあられをしっかりつける。
  4. フライパンにごま油を熱し、(3)のあられの面を下にして置き、アスパラガスの穂先も一緒に入れる。
    ささ身は2分間焼いたら上下を返し1分間、穂先は片面30秒間ずつ、中火で焼く。
  5. 皿に(2)のソースを広げ、あさりを盛る。
    (4)のささ身を盛りつけて穂先をのせ、花穂じそをそえる。
    オリーブ油(適量/分量外)をかける。

まとめとポイント

桃香
桃香

休日の夕食におすすめ!彩り豊かな「あられ」をまぶして焼いた「鶏ささ身のソテー」。
鶏肉に、お茶漬け用の小さなあられをまぶして焼きます。合わせるのは、あさりや新たまねぎのうまみたっぷりのソース。
ほんのりとろみがついたソースが、しっとり焼き上がった鶏肉にまとわり、あられのサクサク食感がアクセントとなる一皿です。


 
料理・レシピ
ibsjapanをフォローする
気になるおすすめのお役立ち情報を発信中!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました